2011年12月10日

対話型ファシリテーション講座 基礎編(関西、名古屋)

対話型ファシリテーション講座 基礎編
2012年1月、関西と名古屋で開講します


市民活動の現場で、同僚や学生とのやり取りの中で、
こんな迷いを抱いたことはないでしょうか?
「どのような質問から入り、対話をどこへ運んでいけばいいのか?」
「援助者として、協力者として、教育者として
相手の前に立った時、何をどう話せばいいのか?」
「こちらから『導いて』よいのか、相手から『学ぶ』べきなのか?」

対話型ファシリテーションとは、
問題解決のためのグループ作業を側面から支援する
実践的な技法として、国際協力の現場で開発したものです。
シンプルな対話を通して当事者主体の学びと気づき、
さらには行動変化を促します。

基礎講座では、理論と実践のつなぎ目を徹底的に検証しながら、
繰り返し練習し、手法を自分のものにしていきます。

国際協力分野はもちろん、福祉、教育、地域活動など
さまざまな公益活動に携わる方をはじめ、
実践的なコミュニケーションとファシリテーションの
手法を求めるすべての方にお薦めします。

講師:中田豊一 (特活)ソムニード共同代表


◆ 関西(西宮)
日時:2012年1月22日(日)10:00から18:00
会場:西宮市国際交流協会 特別会議室
(〒662-0911 西宮市池田町11-1 フレンテ西宮4F)
受講料:15,000円


◆ 名古屋
日時:2012年1月15日(日)10:00から18:00
会場:JICAなごや地球ひろば セミナールームC1
(〒453-0872 名古屋市中村区平池町4丁目60-7)
受講料:16,000円
*講師交通費の関係上、名古屋開催分は関西開催分より
受講料が1,000円高くなっています。ご了承ください。

◆お問い合わせ先:
認定NPO法人 ソムニード
担当:宮下和佳
Eメール:w.miyashita@somneed.org
電話:0577-33-4097(高山事務所)
   または078-360-3607(関西準備室)

◆お申込み方法:下記フォームをご利用ください。
(「続きを読む」をクリックしてください)


DSCN0108.JPG








◆「対話型ファシリテーション講座」とは
−オールマイティなファシリテーションを目指して−

ソムニード共同代表の和田信明・中田豊一は、
国際協力の現場で使える実践的なファシリテーション手法の開発に長年努め、
2010年10月には、その成果を新著「途上国の人々との話し方〜
国際協力メタファシリテーションの手法〜」という形で世に出しました。

同書では、「援助者として、協力者として、教育者として、
相手の前に立った時、何をどう話せばいいのか?
どのような質問から入り、対話をどこへ運んでいけばいいのか?
『聞く』べきか、『語る』べきか?こちらから『導いて』よいのか、
相手から『学ぶ』べきなのか?」
など、最も重要でありながらこれまでほとんど語られてこなかった
問いへの答えを、途上国での開発援助の現場を主な舞台に、
体系的かつ具体的な手法として示しました。

それが、私たちが「メタファシリテーション」と名づけた
対話型ファシリテーションの手法です。
この手法は、シンプルな対話を通して
当事者主体の学びと気づき、さらには行動変化を促すという点で、
ファシリテーションの真髄を体現したものと自負しています。


◆「対話型ファシリテーション講座」の特徴
−寄せ集めではない首尾一貫した方法論に基づく、
 完全にオリジナルなコースです−

講座の中身は、講師の中田が、この道の達人や名人とされる
諸先輩のお手伝いをしたりいっしょに活動する中で、
学んだり盗んだりしたファシリテーションやコンサルテーションの
極意を独自に体系化し手法化したもので主に構成されています。

講座では、人間科学に基づいて、理論と実践のつなぎ目を
徹底的に検証しながら、繰り返し練習することで、
手法を自分のものにしていきます。

当講座は、従来の「講座のための講座」とは、特に次の点が違います。
 
‐日常訓練の方法を伝授;
日常の活動の中で、ワークショップなどのファシリテーターを
行う機会に恵まれることは稀です。そこで、
この講座では、学んだことを日常生活や仕事で
練習するための訓練方法を、講義と演習を通して伝授します。

丸1日の講義だけで、確実に役立つのはそのためです。
公的な活動にとどまらず、家族や職場の同僚などとの
日常的なコミュニケーションにおいても役立つことは、
これまでの参加者の経験からも実証済みです。

‐実践的で柔軟な組み立て:
参加者の状況や要望に合せて進行を変えます。
参加者の個別の課題を取り扱うなど、
実践的、現実的であることを最優先して進めて行きます。

‐フォローアップメニュー:
受講者には、都合のよい時間を選びながら
学習し続けられるフォローアップ(経験の共有と分析、
Q&A、講師からのアドバイスなど)の場を提供します。
「国際協力」、「グループワーク」など個別のテーマに
特化した特別コースも開講していきます。


◆「対話型ファシリテーション講座」基礎講座の概要
(1)コミュニケーションの基本としての対話術
ワークショップなどのグループワークであれ、会議であれ、
相談であれ、すべての基本は対人コミュニケーションであり、
その中心は、1対1の対話術です。
この講座では、対話術、とりわけ質疑応答の技法の習得に
最も力を入れます。
これまでとは一味違った対話の世界が開けること、請け合いです。

(2)関係作りの手法
社会的な活動を行う際、最も重要なことは、関係者、
とりわけ私たちが教えたり手助けしたり、あるいは
いっしょに活動したりする相手との関係作りです。
互いの尊厳を高めあいながら、厳しい現実に
向かい合うために必要な心構えおよび技法の習得を目指します。

(3)参加型ワークショップの勘所
ワークショップを始めとする参加型グループワークの
進め方の基本を、具体的なワークを通して学びます。
すぐに使える効果的なツールも伝授します。

(4)ファシリテーションの組み立て
ファシリテーションが成功するためには、
個々のツールや技法もさることながら、
全体の組み立てが最大の鍵となります。
課題の全体像が見えない中で、いかにして活動を組み立て、
流れを作っていくか、実践的な方法論を手ほどきします。
posted by ソムニード at 12:05| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。