2011年10月07日

山里便り〜仲間して〜【高根】

〜雑穀の収穫について〜

むかしから現金収入が難しく、自然環境も厳しかった高根では、
あわ・ひえを作ってお米の代わりとしていた。

時代はすっかりかわり今やあわやひえを作る方は
とても希少になった。
あわやひえを栽培していた方も高齢になり、
時代とともに忘れさられようとしている。

高齢化率48%という厳しい数字からは見えてこない、
その方たちの日々のすがたを見てきた私にとって、
かつて主食にしていた雑穀(あわやひえ)を栽培することは、
いまも高根で元気に暮らす、おじいちゃん・おばあちゃんたちのDNAを
受け継ぎ、絶やしてはならない責任を否応にも感じてしまう。

続きを読む


posted by ソムニード at 17:36| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山里便り〜仲間して〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。