2011年10月16日

新聞掲載:岐阜新聞(2011年10月16日 県内総合版)

第7回JICA理事長表彰の受賞について、
地元・岐阜新聞に掲載していただきました。

事務局まで取材に来てくださり、
ていねいにプロジェクトの話を聞いてくださった
担当記者の古川さん、どうもありがとうございました!

掲載していただいた記事内容は
下記の通りです。

岐阜新聞(2011年10月16日 県内総合版)


ソムニードがJICA理事長賞 インドの森林再生で

インドやネパールの農山村や貧困街で地域づくりに取り組む
NPO法人ソムニード(高山市千島町)が国際協力機構(JICA)の
理事長表彰を受けた。インドの農山村で、住民たちが
森林資源や水資源を持続的に自力で再生し守るためのシステムを導入し、
実践する活動が評価された。同賞受賞は県内初。

同賞は、JICAの国際協力事業に協力し途上国の
社会発展に貢献した団体や個人に贈られる。本年度は
国内の3人と5団体が受賞。東京都で表彰式があり、
和田信明代表理事と中田豊一代表理事が
緒方貞子理事長から表彰を受けた。

受賞した活動は、JICA草の根技術協力事業として
2007(平成19)年8月から3年間行った
「住民主体による小規模流域管理と森林再生を通した
共有資源管理とコミュニティ開発」。インド・スリカクラム県の
三つのエリアで、住民自らが組織をつくり、
水や土や植物を守るための計画を立てて実践する
持続的なシステムを構築。住民たちが主体的に森林再生に
取り組むことで自然の恵みを享受し続けられる仕組みを整えた。

理事長賞を受けた和田代表理事は「今後も農村などで、
豊富な資源を活用するための持続可能なシステムを
模索していきたい」と語った。
(古川賀央里)
posted by ソムニード at 12:53| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

「ナマステ・インディアin Kariya 2011」に参加して

今日は、10月2日に愛知県刈谷市で開催された「ナマステインディアin Kariya 2011」の様子がボランティアさん達から届きましたのでお伝えします。
このイベントは、インドの知・衣・食・文化・経済を含む多様なインドを丸ごと体験できるというもので、ソムニードにとって初めての参加でした。http://www.katch.ne.jp/~kokusai/namaste/
続きを読む
posted by ソムニード at 16:45| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

山里便り〜仲間して〜【高根】

【親子でLET′Sミナモ体操、放送のお知らせ】

さる10月11日、高根保育園にて、ぎふチャンTV
「弘道兄さんの親子でLET’Sミナモ体操」
の収録がありました。

保育園児5人、先生3人、父兄2人、
そこに混じって、私も体操に参加しました。

園児たちはミナモの格好をして収録に臨んだのですが
園児たちの反応もそれぞれで、
きちんと体操する子、座りこんで砂遊びする子、
体操中、大きな声をだす子など、さまざまでしたが、
無事に収録を終えることができました。

放送日は11月11日(金曜日) 朝6:55からです。

保育園児たちの勇姿?をテレビで確認してみてください。

*収録の模様は、個人ブログにてアップする予定です。

個人ブログはこちら↓
http://ameblo.jp/ittakane-takane/

報告:集落支援員(高根町) 宮森大輔


posted by ソムニード at 12:25| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山里便り〜仲間して〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

インドでの研修を直接ご案内します

ソムニードでは、今年12月・来年2月の2回、
南インドのプロジェクト実施地を訪問して
地域づくりを学ぶ、
「コミュニティ開発研修」
を実施します。

この研修の内容や魅力をスタッフが直接ご紹介する機会として
来週、大阪と京都で開催される
「スタディツアー説明会」
に参加します。
この説明会は、ソムニードの他にも多くのNGOが参加して
各団体がおこなう海外スタディツアーを紹介する催しです。

世界中いろいろな地域でおこなわれる、多様なテーマの
ツアー内容を一気に知ることができるイベント。
お近くのみなさま、ぜひご参加ください。

*ソムニードの「コミュニティ開発研修」については
 下記HPでご案内しています。
 研修の詳細:http://www.somneed.org/pg167.html
 研修FAQ:http://www.somneed.org/pg135.html


スタディツアー説明会
〜いってみよう!もうひとつの旅〜


http://www.myticket.jp/Study-Tour-seminar4.html

目的も日程も様々なスタディツアー。
ホームページだけで選ぶことができますか?

スタディツアー情報を「生」で「一気」に
チェックできるチャンスです。

学生に人気のツアーもあれば、
シニア世代に人気のツアーもあります。
交流型ツアーもあれば、体験型ツアーもあります。

どんな人が企画して、どんな人が参加するのか、
あなた自身の目で、耳で、確かめて下さい。

説明会の出会いから、あなたの旅が始まります。

<大阪会場>
【日 時】2011年11月8日(火)18:00-20:30
【会 場】キャンパスポート大阪(大学コンソーシアム大阪)
大阪市北区梅田1-2-2-400 大阪駅前第2ビル4階
地図 http://www.consortium-osaka.gr.jp/about/access.html

<京都会場>
【日 時】2011年11月9日(水)16:30-20:30
【会 場】キャンパスプラザ京都(大学コンソーシアム京都)
京都市下京区西洞院通塩小路下ル(ビックカメラ前)
地図 http://www.consortium.or.jp/

*開催時間中はいつでも入場できます。

【参加費】無料

【共 催】(特活)関西NGO協議会
     龍谷大学ボランティア・NPO活動センター
     マイチケット
【問合せ】マイチケット
TEL:06-4869-3444
E-mail:arakawa@myticket.jp

DSCN0192.jpg
posted by ソムニード at 18:08| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

山里便り〜仲間して〜【高根】

〜雑穀の収穫について〜

むかしから現金収入が難しく、自然環境も厳しかった高根では、
あわ・ひえを作ってお米の代わりとしていた。

時代はすっかりかわり今やあわやひえを作る方は
とても希少になった。
あわやひえを栽培していた方も高齢になり、
時代とともに忘れさられようとしている。

高齢化率48%という厳しい数字からは見えてこない、
その方たちの日々のすがたを見てきた私にとって、
かつて主食にしていた雑穀(あわやひえ)を栽培することは、
いまも高根で元気に暮らす、おじいちゃん・おばあちゃんたちのDNAを
受け継ぎ、絶やしてはならない責任を否応にも感じてしまう。

続きを読む
posted by ソムニード at 17:36| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山里便り〜仲間して〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

山里便り〜仲間して〜【上宝】

こんにちは、集落支援員の舎川です。
今回は、な、なんと“ヘビ”を食した事件についてのご報告です。
ヘビが苦手な方はご了承下さい。

活動対象集落のひとつである葛山集落を訪れて、脱穀作業のお手伝い時期を確認した後、帰ろうとしたその時、綺麗に稲刈りした田んぼと田んぼの間の農道にヘビがいたのです。

何を血迷ったか、このヘビをとりあえず車に乗せて、金木戸集落を訪問し、集落のおばあちゃんにヘビを見せると「変わった人たちやね〜」と苦笑いされてしまいながら、「昔は食べたんやさ〜」とお話を聞き、食べる気まんまんで自宅までこのヘビを連れ帰ることになりました。
続きを読む
posted by ソムニード at 16:05| ムンバイ 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 山里便り〜仲間して〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

第7回JICA理事長表彰

昨日10月4日、第7回JICA理事長表彰の表彰式が東京、市ヶ谷のJICA研究所でありました。
ソムニード両代表の和田と中田が出席し、JICA理事長の緒方貞子さんより表彰状をいただきました。

理事長表彰は今年で7回目だそうですが、今回から、事業部門、専門家・ボランティア、
そして国際協力感謝賞と3つのカテゴリーをはっきり分けたそうです。
ソムニードは、その事業部門での受賞です。http://www.jica.go.jp/press/2011/20110928_01.html

この事業部門で表彰されたのは5件。(有償資金協力1、無償資金協力案件1、技術協力プロジェクト2、草の根技術協力1(ソムニードの事業))
ソムニードの事業以外は、全てJICAの直営のプロジェクトばかりで、NGOの草の根技術協力事業が表彰されるのはどうやら初めてのことらしいです。
ちなみに、このソムニードの事業というのは、以前、『〜水・森・土・人〜よもやま通信』で皆様にお伝えした事業です。
詳しくはコチラ↓ http://somneed.up.seesaa.net/image/MWS1.pdf

また、特に、海外で培ったコミュニティー開発の技術を国内事業にも活かしているということも、表彰された大きな理由です。

表彰式の後は、懇親会があり、そこで、受賞者一人ひとりが簡単なスピーチの時間をいただき、代表の和田が話をさせていただきました。

このような賞をいただけたのも、ソムニードの活動に理解を示し、支えて下さるたくさんの方がいるおかげです。
この賞を励みに一歩ずつまた地道に進んでいけたらと思います。わーい(嬉しい顔)

posted by ソムニード at 16:45| ムンバイ 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | イベント情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。