2011年01月13日

対話型ファシリテーション講座@神戸・大阪

ソムニードが活動現場で培ってきたファシリテーション手法の
基礎をおつたえする講座が、バージョンアップして開催されます。
ぜひぜひ、ご参加ください。

対話型ファシリテーション講座のご案内

ファシリテーションは、問題解決のためのグループ作業を
側面から支援するためのソフトウエアの一種で、
ワークショップや研修などで使用するための技法を指すことが一般的です。
とはいえ、実際のソーシャルワークの現場は不規則で不定形なもので、
ワークショップなどの整った場を設定できることは稀です。
職場での会議や打合せ、顧客や患者、学生などとのやり取りも事情は同じです。

そんな中、私たち(和田・中田)は、国際協力の現場で使える
実践的なファシリテーション手法の開発に長年努め、2010年10月には、
その成果を新著
「途上国の人々との話し方〜国際協力メタファシリテーションの手法〜」
という形で世に出しました。

同書では、
「援助者として、協力者として、教育者として、相手の前に立った時、
何をどう話せばいいのか?
どのような質問から入り、対話をどこへ運んでいけばいいのか?
『聞く』べきか、『語る』べきか?
こちらから『導いて』よいのか、相手から『学ぶ』べきなのか?」
など、最も重要でありながらこれまでほとんど語られてこなかった問いへの答えを、
途上国での開発援助の現場を主な舞台に、体系的かつ具体的な手法として示しました。

それが、私たちが「メタファシリテーション」と名づけた
対話型ファシリテーションの手法です。
この手法は、シンプルな対話を通して当事者主体の学びと気づき、
さらには行動変化を促すという点で、ファシリテーションの真髄を
体現したものと自負しています。

同書の出版を機に、従来実施して来た「マスターファシリテーター講座」を
「対話型」を前面に打ち出すとともに、いくつかの新しい要素を加え、
装いを新たに開講します。

*開催日時・場所等の詳細は上記HP(講座名リンク)をご覧ください。

DSCN0179.jpg
posted by ソムニード at 13:51| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

「むらの協力隊員」大募集!

ソムニードでは地域づくりに関心がある都市部で暮らす若者を募集しています!むらの協力隊として農山村で1年間活動し、そこに暮らす人々と共に地域の活性化に取り組んでみませんか?
CIMG0861.jpeg


  続きを読む
posted by ソムニード at 10:42| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

コミュニティ開発研修2010!

「よもやま通信」でおなじみの村々をフィールドに、12月22日から29日まで、コミュニティ開発研修冬季コースが実施されました。

Christmas 2010 GP.jpg
クリスチャンの村の小さな教会入口には、可愛らしいクリスマスツリー。カジュアリーナという木でつくっていました。

今回の研修は、主に午前中にフィールドでの実践、午後に振り返りと議論を行いました。
もちろん、24時間ホームステイも!
初日は、自己紹介とオリエンテーション。
今回もいろんな特技や経験を持った方々が参加してくれました。
研修中に学びたいことを30ばかり挙げてもらい、スキルを身につけながらそれらの答えを得ていく研修がスタートです。

参加者の一人が出した質問「開発って何?発展って何?」
実はこの質問、COP10関連イベントとして10月末に名古屋で行われたパネルディスカッション(ソムニードからは竹内ゆみ子専務理事が参加)でも、参加者から投げかけられました。

研修では、ソムニードの理念を共有しながら、お互いの意見をぶつけ合います。
ソムニードと村の人たちが共に行ってきた活動。果たして、この活動はソムニードの理念をどのように具現化してきたのでしょうか?
それを探るのは、参加者のみなさんです!

続きを読む
posted by ソムニード at 12:55| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | インド 今週の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。